1級管工事施工管理技士

【令和2年度】1級管工事施工管理技術検定(実地試験)お疲れさまでした

 

本日、2020年12月6日(日)に1級管工事施工管理技術検定試験(実地)がありました。

 

受けられたかた、お疲れさまでした。

手応えはいかがでしょうか。

 

経験記述は、皆さん予想されてた通りの 工程管理 した。

しかしながら、設問3が昨年と同様の「材料・機器の現場受入検査」で少し面を食らいました。

 

選択問題は、過去問から出題されている問題を理解しておれば、新問題が不正解でも合格点に達すると思います。

しかしながら、今年の法規は過去問からの出題が減っている気がしました。
私はネットワークは全くやっていなかったので法規を選ぶしかなかったのですが・・・。

果たしてどうでしょうか。

手応えは去年より少しあるのであとは合格発表を待つばかりです。

 

ちなみに去年の1級管工事の関連記事は下記のとおりです。

【令和元年度】1級管工事施工管理技術(実地試験)お疲れさまでした

【令和元年度】1級管工事施工管理技術検定(実地試験)解答速報を受けて

【回顧録】令和元年度1級管工事施工管理技術試験(実地試験)

【令和元年度】1級管工事施工管理技術検定(実地試験)の合格発表がありました!

 

たまに自分の記事も読み返して、当時の心境とかを思い出したりしています。

 

今回の回顧録もそのうち記事にしていこうと思います。

 

今年の資格試験も終わりましたので、明日からは精神的にゆっくりできそうです。

試験を受けられた方は今日はゆっくりされて、明日からの仕事も頑張っていきましょう。

ちなみに1級土木施工管理の実地試験も本日、午前中に試験でした。

ダブル受験されているかたもいると思うので頭が下がります。

 

家に帰ってご飯を食べたら、眠くなったので今日は早めに寝ようと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

果報は寝て待とうと思います

-1級管工事施工管理技士
-

© 2021 有資格論 Powered by AFFINGER5