コンクリート診断士 解答速報

2022年度コンクリート診断士の速報答え合わせ

2022年度のコンクリート診断士の解答速報が昨日も紹介していた

なにわの合格請負人さんのブログから試験当日の夜に発表されていたので

当日、答え合わせをしました。

 

その結果・・・

 

27/40(67.5%)の正答でした。

 

恐らく、後日公式から発表があるものと相違はないと思います。

(昨年度は公式と間違いがなかったです)

 

合格基準は四択で7割以上とれてなおかつ、論文も基準点以上と言われているため、

あと1点あれば少し安心できたかもしれない微妙なラインですが、過去には四択6割で

合格されている方もいるようなので、あとは記述式次第と思います。

 

ちなみに私は問題Ⅱを選択しました。

出来は・・・

複合劣化に囚われすぎて塩害と中性化の複合劣化として記述していましたが、

某掲示板で確認すると塩害っぽいとのことだったので少しへこんでしまいました。

 

主にASRが出題されると踏んでいたので、塩害の用語もすぐには書くことが出来なくて相当焦りました。

 

まぁ、昨年度とは違い四肢択一問題で合格ラインに乗ったので、論文ですべてが決まるといっていいでしょう。

あまり期待はしていないですが受かればラッキー程度に思っておきます。

その方が気が楽なので。

 

以上が解答速報を受けての翌日の私の感じていることでした。

 

ちなみに合格発表日は9月末日(予定)だそうです。

 

あとは回顧録を整理して、後日アップする予定です。

 

といいますか、過去の記事を確認すると昨年度の2021年度もアップしておらず、メールの下書きにも書いていませんでした。

2022年度の次に2021年度の回顧録も備忘録も兼ねてアップする予定です。(ほとんど覚えていないけどね)

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

連日投稿相当困難

-コンクリート診断士, 解答速報
-,

© 2022 有資格論 Powered by AFFINGER5