技術士

技術士の勉強(問題通りに解答する)

相変わらず暗記が今ひとつの状況です。

タイトルとして、当たり前のことですが、当たり前のことが出来ていないので、敢えて書いています。このことは、多方面での様々な情報、私自身の経験上、問題で問われていることを忠実に答えることができればぐっと合格に近づくと思います。

これは自ずと問題文をよく読み、何を答えたらいいのか練習する必要があります。例えば、原因と対策を述べよ。と問題であれば原因だけ答えてもダメですし対策だけ答えてもダメです。原因と対策が書けて初めて解答として成立します。

もちろん、原因も対策も1つしかないということは、勉強していく中ではないと思います。何にでも2つないし3つは必ず原因も対策もあります。

これは原因や対策に限らず、要因、予防策、目的、背景、留意点など様々なことについて複数の項目があります。

複合的に色んな要素が合わさって、種々の問題や解決策となっています。

その中で、トレードオフの関係からベストではないかもしれないけど、ベターを導き出すのが技術士なのかなぁと思います。間違っていたらすみません。自分もまだ技術士にもなっていないので大きなことは言えませんが…

 

時間が経つのは早いもので6月も来週で終わりです。

それでは皆さん、最後まで諦めずに頑張りましょう!

-技術士
-

© 2021 有資格論 Powered by AFFINGER5