TOEIC 下水道技術検定 宅地建物取引士 技術士 簿記 雑記 1級管工事施工管理技士

【2019年】受験資格総括

 

2019年1月1日に2019年受験予定資格として記事にしましたので

その振り返りということでまとめてみます。

 

2019年は、下記で挙げた4資格を受ける予定としていました。

【民】TOEIC(第238回)
試験日:2019年3月10日(日)
申込受付:2019年1月29日(火)15:00締切
受験料:5,725円

こちらの記事でも報告しましたが、

なんと星野源のコンサートと被っていいたため、申し込みしませんでした。

 

【国】技術士第二次試験(筆記試験)
試験日:2019年7月15日(月・祝)
申込受付:2019年4月8日(月)から4月24日(水)まで
受験手数料:14,000円

⇒3回目の試験となりましたが、残念ながら面接まで行けず筆記で不合格となりました。

 ただ、いままでで一番評価の良い結果となったので、来年こそは何とか合格をしたいです。

 

【国】宅地建物取引士資格試験(宅建試験)
試験日:2019年10月20日(日)
申込受付:インターネット 例年7月1日~15日
郵送 例年7月1日~31日
受験料:7,000円

こちらでも記事にしましたが、

1級管工事施工管理技士(学科試験)の試験日からちょっと勉強期間が短いと感じましたので、

今年はスルーしました。

 

【国】1級管工事施工管理技術検定試験
試験日:学科試験 2019年9月1日(日)/実地試験 2019年12月1日(日)
申込受付:5月上旬~下旬
受験手数料:学科試験 8,500円/実地試験 8,500円
※平成30年度を参照しています。

⇒学科試験は合格して、実地試験は結果待ちです。合格発表日は2月21日(金)となっていますのでまた報告します。

 

以上が、目標を掲げた資格でしたが、結果として4つのうち2つしか受験しておりませんでした。

もう少し計画を練ってから公表した方がよさそうですね・・・。

 

上記のほかにも今年は、日商簿記3級(試験当日に不幸事があり、受けれませんでした)と下水道技術検定(第2種)を受けました。

簿記の勉強はしていたので、残念でしたが結果が全てですので仕方ありません。

下水道技術検定は、無事合格して令和元年の合格証書をいただいており、(記事はこちら!

何とか2019年に受けた資格の1つは、合格することができました。

 

あとは1級管工事施工管理技士の結果で合格が1つのままか2になるのかというところです。

ふと思ったのですが毎年、1つは合格しないと格好がつかない気がしますので来年はどこかで

比較的合格しやすい資格を受けるかもしれません。まだ決定ではありませんが・・・。

 

そんなこんなで2019年の受験資格総括でした。

来年はもっとがんばるぞー!

 

 

 

 

-TOEIC, 下水道技術検定, 宅地建物取引士, 技術士, 簿記, 雑記, 1級管工事施工管理技士
-

© 2021 有資格論 Powered by AFFINGER5