雑記

平成30(2018)年度さようなら

タイトルコールのとおり、
平成30(2018)年度も本日で終わりです。


明日は11:30に菅官房長官から新元号が発表されます。
SNSでの中継もあり、時代の変化も感じます。

そして午後からは安倍首相から談話があるそうです。

新元号についてみんな予想をしていることでしょう。
因みに私は”K”から始まる元号を予想しています。
具体的な案は全くないですが、なんとなくです。

そして新元号が適用される5月1日は新しい時代への幕開けとなります。

みなさんは平成約30年間いかがだったでしょうか?

平成に生まれた人、昭和に生まれ平成を生き抜いた人、
さらには大正、昭和、平成と生き抜いた人。
氷河期という就職活動をされた方。
バブル期から崩壊へと経験された方。
リーマンショックの影響を受けられた方。
色々経験されてきたかとは思います。

しかし、根拠はないですが、おそらく平成が一番良かったと思えるのではないでしょうか。

また、技術の進歩は日進月歩でIT技術なんてものは、
次から次へと目まぐるしく進歩していたように思えます。

資格も趣味から実用的なものまで多種多様なものも新しく新設されたり、
既存資格についても内容等、時代に合ったものに変更されています。

新元号になっても、資格の価値は不変なものですので取りたいと思った時に
取るのが吉だと思います。
ただ努力を惜します継続して勉強することが大切なことです。

いくつになっても勉強しないと時代についていけなくなりますので
あらゆる角度から情報を得て、正しいと思った自分の考えを持った上で
世の中を生き抜いていかなければならないと思った今日この頃でした。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

みなさんごきげんよう。

-雑記
-

© 2021 有資格論 Powered by AFFINGER5