1級管工事施工管理技士

1級管工事施工管理技士の勉強進捗状況その3

 

勉強進捗状況その2は、こちらの記事で

今週1週間(8/19~8/25)の勉強

基本は、先週と同様で過去問中心の勉強方法です。

それでは今週1週間の勉強ぶりを確認していきましょう!

勉強7日目 8/19(月)

平成23年、22年度の過去問を解きながら一問ずつ解説を確認する。

勉強8日目 8/20(火)

平成22年(前日の確認含む)、21年度の過去問を解きながら一問ずつ解説を確認する。

勉強9日目 8/21(水)

平成20年度の過去問を解きながら一問ずつ解説を確認する。

勉強10日目 8/22(木)

ここから過去問2周目

平成29、30年度の過去問を解きながらさらーっと解説を確認する。

勉強11日目 8/23(金)

平成28年、27年度(途中)の過去問を解きながらさらーっと解説を確認する。

勉強12日目 8/24(土)

平成27年(前日の途中から)、26年、25年度の過去問を解きながらさらーっと解説を確認する。

勉強13日目 8/25(日)

平成24年度の過去問を解きながらさらーっと解説を確認する。

 

とりあえず、平成30年度~20年度分(11年分)の過去問は

9日でクリアしました。

あとは、残り一週間で残りの平成23、22、21、20年度を解いて

計算問題等の確認をしたいと思います。

 

過去問1周して感じたこと

1.

設問自体、

○○に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

という、4問中3問は適当(正解)で残りの1問が不適当(まちがい)は

どれかと問われる問題がほとんどでした。

それ以外は、計算問題とかで正解を選ぶものでした。

ここまで、適当でないものはどれか。の割合が多い試験は初めてです。

 

2.

やはり、過去問を解いていると同じような設問は多く、

間違えを問われやすい箇所もおおよそ把握できました。

 

ですので、早々に備忘録も兼ねて、記事にします♪

これさえ押さえておけば、確実に得点は1割は上がると思います!!

 

3.

過去問11年度分を1周もすれば、試験本番でも合格ラインに達することができる

感じました。

私の現時点での実力でも、学科試験については合格すると思います。

勝手な予想ですが本番だと7割~6割弱ぐらいは得点できるレベルに達していると思います。
(合格基準は6割以上)

 

それでは、受験する方は残り1週間頑張りましょう!

合格ラインに達していなくても、今から頑張れば大丈夫です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

-1級管工事施工管理技士
-,

© 2021 有資格論 Powered by AFFINGER5